押し入れや引き出しから出てきたカードありませんか? おすすめの売り方を解説!

【ポケカチャンピオンズリーグ】CL京都で活躍するデッキはこれだ!!【定番編】

コラム

ポケモンカードチャンピオンズリーグが、2021年10月3日(日)京都にて開催されます。

全国のポケモンカードプレイヤー達がしのぎを削るこの大会は、毎度白熱しポケモンファンに大きな感動を与えてくれます。

そして同時に、この大会でポケモンカードの最強デッキが決定されるのです。
今回はそんなポケモンカードチャンピオンズリーグの優勝デッキ候補をご紹介します。

Twitterでリアルタイムの販売情報を発信しています。よければフォローお願いします。

送料無料・即日発送

ポケモンカードや遊戯王など豊富な品揃えで、送料も無料なのでおすすめ!

CLとは

そもそも、チャンピオンズリーグ(以下、CL)とは、
ポケモンカードゲームの日本一、そして世界大会であるワールドチャンピオンシップス2022(WCS2022)の出場権をかけて争う大会のことです。

つまり、このCLはチャンピオンシップス2022シリーズの中で、日本一を決める最初の大舞台であると同時に最も多くのプレイヤーが参加する日本最大級のポケモンカード大会ということになるのです。

そんなCLは、今年(2021年)も感染症対策を徹底したうえで行われます。
そして、その最初の舞台が「京都」。

この京都大会での結果が、ポケモンカードの現環境最強を決めるといっても過言ではなく、
全国のプレイヤーがその結果を固唾を飲んで見守っています。

ポケモンカードゲーム チャンピオンシップシリーズ2022の詳細について

直近大会使用率

まず初めに、直近で行われた大型大会PJCS(ポケモンジャパンチャンピオンズシップ)でのトップ64のデッキ使用率を見てみます。

上記からもわかるよう、「れんげきウーラオス」「こくば」「悪パーフェクション」「三神」の4デッキだけで半数以上のプレイヤーを占めています。

これらのデッキは、今回のCLでも大いに活躍すると予想されます。
以下からは、これら4デッキの特徴について詳しく解説していきます。

デッキ解説

れんげきウーラオス

「れんげきウーラオス」は、「れんげきシリーズ」のカードであることから、様々な「れんげきカード」による恩恵を受けることができます。
「れんげきエネルギー」による大幅なエネルギー加速により、エネルギーを3つ必要とするワザ「キョダイレンゲキ」も高速で打つことが可能です。

また、「オクタン」を用いたサーチは、「ウーラオス」だけでなくデッキ全ての「れんげきカード」を手札に呼び込むことができます。

このように、多くの「れんげきカード」が「ウーラオス」の強力な味方となってくれることから、デッキ自体の安定性、高火力を実現します。

更には、2年前の発売以来常に環境トップに君臨してきた「ムゲンダイナデッキ」に対しても弱点を突くことができることから、より高く評価されています。

こくばバドレックス

PJCSでも優勝した「こくばバドレックス」は、環境トップに居座る最強デッキの一つ

「こくばバドレックス」自身のドローサポートやエネルギー加速に加え、「ゲンガー&ミミッキュ」による相手への行動制限等、強さの秘訣がそこら中に散りばめられています。

また、先程ご紹介した「れんげきウーラオス」に弱点を突けることから、環境トップ同士の戦いも有利に運ぶことができます。

しかし、大会での実績からも予想できるよう、あまりの強さから多くのプレイヤーから対策を取られ易いデッキとも言えます。

僕(管理人)
僕(管理人)

個人的には環境最強のこちらのデッキがどうFUSION環境に食い込むのか楽しみです

悪パーフェクション

「タッグチーム」である「ミュウツー&ミュウGX」を基軸としていることから、グッズの「タッグコール」によるデッキの安定性を補完することができる「悪パーフェクション」デッキ。

「悪パーフェクション」の特徴としては、採用すべきカードが沢山あるという点が挙げられます。

「ガラルファイヤー」によるエネルギー加速、「マニューラGX」を用いたエネルギー運用、主役の「ミュウツー&ミュウ」を活用すべく多くのカードを巧みに使いこなす必要があります。

故に、上級者向けのデッキと言えます。

しかし、特性の「パーフェクション」によってどんな「GXワザ」でも相手に放つことができることから、様々なデッキに対応することが可能となります。

こうした、常に安定した多くのデッキとの対面に挑める点は、今回のCLでも大活躍するキーとなってくれるはずです。

三神ザシアン

レギュレーションCであるにも関わらず、常に形を変え今でも最強デッキの一角となっている「三神ザシアン」。

その強さは、やはり圧倒的なサイドレース展開にあります。

特に、現環境では「クロバットV」や「デデンネGX」といったサポート主軸の低耐久ポケモンが多く蔓延っています。
それら、低耐久「V/GXポケモン」を倒すことで一挙にバトルが有利になっていきます。

また、弱点もフェアリータイプとなっており、現環境ではフェアリータイプは非常に少ないので優秀な耐性面でも文句はありません。

まとめ

以上、京都CLで活躍が予想されるデッキのご紹介でした。

これら4つのデッキは、これまでも数多くの大会で優勝実績を示しており、今大会でも活躍してくれるはずです。

一方で、その強さのあまり相手からの入念な対策が待っていると言ってもいいでしょう。
そうしたプレイヤー同士の画策も一つの楽しみとして、京都CLを見てみては如何でしょうか。

尚、【メタ編】の記事では、現環境を徹底考察したうえでの優勝予想デッキをご紹介してあります。
本記事の王道最強デッキ紹介と併せ、是非ご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました